水素水サーバー、電解水衛生環境システムなどの導入事例

Language:
JAPANESE
ENGLISH
CHINESE

サンプル依頼・お問い合わせはこちら「フリーダイヤル:0120-880-460」

メールでのお問い合わせはこちら

導入事例

導入事例(エコ事業)

エコ事業の商品が導入されている事例をご紹介いたします。
オフィス、食品スーパー、病院・介護施設など健康と衛生を求める場所で活用されております。

導入事例01

従業員の健康を考え、福利厚生の一環として、オフィスに水素水サーバーを設置し、いつでも自由に、「水素水」を飲むことができるようにしております。

商品紹介はこちら

導入事例02

食の安全が叫ばれて久しい昨今ですが、それでもなお、食中毒の発生件数は一向に減る気配を見せません。細菌やウイルスから身を守るには「食中毒予防の3原則(菌を付けない、増やさない、除去する)」や「食品衛生7S(整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌・しつけ・清潔)」を踏まえ、環境衛生についての徹底した施策が重要です。これをサポートするのが電解水の洗浄・除菌効果。加工場・調理器具から、食材・食品の保管スペースまで。食にまつわる衛生管理に、電解水が活躍します。
また、電解水は、時間がたつと水に戻りますので、ふき取りを忘れても安全です。

商品紹介はこちら

導入事例03

腸管出血性大腸菌O-157やサルモネラなど、少数の菌でも感染・発症に至る感染型食中毒の集団発生が高齢者施設で多く見られます。高齢者は基礎疾患を持ち、あるいは免疫力が低下している方が多いために、どうしても感染の危険性が高くなることが否めません。そこで、電解水。衣類やシーツの洗濯をはじめ、食器・食材、介護用具、来訪者・職員の手指洗浄まで、生活空間としての施設全体を電解水の衛生力がカバーします。しかも、既存の消毒液などのような「薬液」でないために高齢者施設でも安心して使用できます。
入口には、電解水を入れた噴霧器を設置し、館内の除菌、脱臭、浮遊細菌、外部からのウイルスに効果を発揮します。

商品紹介はこちら

食品事業の導入事例はこちら