電解水の活用事例(食品スーパー) | エイシン・フーズ株式会社の電解水衛生環境システム

Language:
JAPANESE
ENGLISH
CHINESE

サンプル依頼・お問い合わせはこちら「フリーダイヤル:0120-880-460」

メールでのお問い合わせはこちら

エコ事業

電解水衛生環境システム「守る水」の活用事例

食品スーパーにおける活用事例

年間1,300件。1日に3.5件の割合で、食中毒は発生している。

食の安全が叫ばれて久しい昨今ですが、それでもなお、食中毒の発生件数は一向に減る気配を見せません。 細菌やウイルスから身を守るには、「食中毒予防の3原則(菌を付けない、増やさない、除去する)」や「食品衛生7S(整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌・しつけ・清潔)」を踏まえ、 環境衛生についての徹底した施策が重要です。
これをサポートするのが電解水の洗浄・除菌効果。調理場・調理器具から、食材・食品の保管スペースまで。食にまつわる衛生管理に、電解水が活躍します。

  • 食品売場に

    フロアから陳列棚まで。電解水をスプレー容器で使用すれば隅々まで除菌できます。

  • キッチンまわりに

    通常の水と同様に、加湿器などでも使用可能。清掃しながら周囲の空気も除菌できます。

  • 床・排水溝の洗浄に

    効率的な清掃作業に欠かせない高圧洗浄機にも対応。「水」ならではの使い勝手の良さです。

  • お客さま用カートにも

    たくさんの人が触れる物にこそ安心を。皮脂汚れ等を分解しながら、除菌力を発揮します。

  • 食材の除菌に

    水自体に洗浄効果があるので、洗剤を使わずに除菌いただけます。

「安全・安心」な水

「水」「塩」「電気」から生成される電解水。私たちが普段の生活でよく使うものを原料として「除菌水」や「洗浄水」が作られます。 「安全・安心」な原料から生まれる「安全・安心」な環境を「守る水」。この水を作り出す「マルチセル型電解槽」には、多くのノウハウと可能性がつまっています。